長い年月をかけて築き上げて参りました、本校の知識やレッスン方法、ヒントなどが外部に流出する可能性があるという事から、以前はレッスンの録音をご遠慮いただいておりました。しかし、レッスンの中で大きなヒントをつかんだ瞬間や、突然すごい良い声が出てしまった瞬間があった時、その時の状況を後からもう一度音声で確認できるという事は、生徒さんにとって大きな助けになります。

実際に、録音を聞き返しながら復習するようにしたら飛躍的に伸びたという報告をたくさん頂きますので、今では逆になるべく録音するように私達の方からお勧めしております。

上級レベルの声がいつでも

「あああ、思い出せない!さっきは一瞬すごい声が出たのに〜」という悔しい思いを、私達もかつては何度も経験しました。でも、ご安心下さい。一度はご自分の身体から出た声です。もう一度ゆっくり確認したり、ウォームアップを続けているうちに、またすぐ出せるようになります。そして、その調子で練習を続けていけば基礎の力が付いて、その声はもっと高い確率で、もっと少ないウォームアップから自由に出せるようになります。

【復習のコツ】

・まず、録音されたレッスンと並行するように呼吸法からウォームアップして行きます。

・そのまま同じメニューで続けて行きます。

・上手く出せなかった声、上手く行かなかったメニューも取りあえずレッスンの時と同じに練習をして最後まで行きます。

・時間があれば、もう一度上手く行かなかったメニューに戻り、今度は何度も繰り返し練習ます。ポイントは、上手く行かなかった練習の次に講師が提示した練習も含め(場合に寄ってはその後に提示した練習も含め)2つから3つの練習メニューをよく練習する事です。そこはあなたが最も伸ばすべきウィークポイントである可能性が高いので、もしかすると練習していても「上手くいってるのか失敗しているのかよく解らない」かも知れません。弱点だから伸ばしたい。でも弱点だから解りにくい。これが迷うところですね。レッスン中でも、なるべく生徒さんが確信を持って練習できるよう、キーや音階なども考え抜いてメニューを厳選していますが、ご自分で「これはあまりにも難しい。まるで手がかりがない」と感じましたら、その場で「これは復習しても良いですか?」と講師にご確認下さい。

録音は個人レッスンに限らせていただきます。録音された記録物は、生徒さん自身の個人的な復習と研究のためにご利用下さい。音声記録やレッスンの内容を使用した商用化は厳禁します。