本格的ボイストレーニングで高音もミックスボイスで楽に歌える!

本当の腹式呼吸

  • HOME »
  • 本当の腹式呼吸

呼吸・発声を支える筋肉群

お腹を気にしすぎる人呼吸・発声を支える筋肉群がそれぞれに分担すべき運動量はごく僅かなものです。お腹でも喉でも、使い過ぎは厳禁。余計な緊張が発声の邪魔をしてしまいます。

ボイストレーニングと言うと、誰でもまずお腹に手を当てて腹式呼吸をします。腹式呼吸で使われる腹筋や横隔膜は元々たいへん強い筋肉なうえ、そこに意識を集め過ぎると運動量がオーバーになり、緊張の強い発声になってしまいます自由な表現を可能にする声を築くために、呼吸の時点から筋肉全体が協調するよう自然なバランスを保つべきです。

特に声優、俳優を志望される方は強い表現を求めるあまり、お腹で支え過ぎてしまう傾向が強く、緊張の強い発声が声帯を傷めてしまう危険があります。

99パーセント自然にまかせる呼吸法

自然なバランスを保つべきと言っても、無造作な呼吸を推奨する訳ではありません。本校レッスンでは、99パーセントの自然呼吸にわずかな観察と微調整を加える事で絶妙なバランスに調整をします。これは素晴らしいウォームアップになります。身体中の筋肉が柔らかく協調する事で、その人本来のパワーと表現力が目を覚まします。

腹式呼吸もこの協調の中には含まれていますが、腹式呼吸だけに限定して吸おうとする人は多くの場合、次のような問題を抱えています。彼等の声には緊張が混じっています。

・ お腹を意識的にふくらませる・・・このほうが肩や胸が緊張する

・ お腹の力で声を支える・・・・・・息が流れなくなる(声が硬くなる)

・ 肩の上がりを気にする・・・・・・上半身が固まる(歌や台詞に躍動感が出ない)

色彩豊かな歌とセリフ

ただ単に吸うだけであれば、リラックスという点においては、気持ちを落ち着けた状態で行う腹式呼吸が一番でしょう。しかし歌手の皆さんは歌のため、役者の皆さんはセリフのために、高いエネルギーが必要です。リラックスかつエネルギッシュな発声を生むには、静かに吸い静かに吐くだけの腹式呼吸では役不足です。吸う時にはリラックス、吐く瞬間は(発声の瞬間)躍動感が大切です。

「腹式呼吸だってエネルギッシュに吐ける」という人も多いでしょう。しかし、それは強く発声したいために、本来静かに解放すべき呼吸法から強く吐く不自然さに慣れてしまった人が多いという事なのです。無理なくエネルギッシュに解放するには、少なからず胸式呼吸を取り入れる必要があります。歌やセリフに躍動感を生む呼吸と言えば胸式呼吸なのです。

正しい胸式呼吸の方法

胸式呼吸は悪い呼吸の代名詞のようによく言われますが、それは正しい胸への吸い方を知らない人が多いからです。習得すれば分かりますが、胸への呼吸はとても有効であり重要でさえあります。緊張を避けようとして呼吸が胸に流れるのを嫌う人がいますが、胸は使わない方が緊張します。使わないから固まるのです。正しく使う事で息を解放できます。「胸に吸うと肩が緊張する。胸式呼吸は沢山吸えないから、腹式呼吸の方が良い」という迷信はそろそろ捨てましょう。そもそも呼吸法を胸か腹かどちらか一方だけに限定するのは不自然です。前述のようにバランス良く協調させるのが理想です。

それぞれの良いところ取り

バランス良く協調した呼吸法に胸式を含んでいれば、胸式の得意な躍動感が活かされます。同様にバランスの良い協調の中に腹式を含んでいれば、腹式の得意なリラックスが生まれます。実際には算数の足し算のように単純ではありませんが・・・。例えば、リラックスが足りなければ腹式を増やすという式は成り立ちません。ベストな協調バランスがベストなリラックスを実現します。自分では腹式呼吸のつもりでも、知らずの内にベストバランスで全身が使えてしまう人もいると思います。あえて言えば、本当の腹式呼吸(本当に有効な腹式呼吸)の正体がそれなのです。

発声の主役は顔/重要な名脇役が胸

歌やセリフの命である「表情」や「奥深さ」を声に与えるのは、主に顔の筋肉(深層)の仕事です。母音コントロールでさえ、顔の筋肉が主導権をにぎった時に最高の仕事が出来ます。発声表現の主役たる顔の筋肉を強力にサポートしてくれるのが、名脇役たる胸郭の自由な呼吸運動です。胸部の自由がいかに発声をスムースにしているかは言葉で説明しきれません。顔の深層筋肉の動きは、当然のことながら感情や心理的な面からの影響も大きく、それを無視は出来ませんが、このページでは身体の運動に関するお話だけでかなりの長文になっておりますので、そちらのお話はまた別の機会にしたいと思います。

肺や横隔膜を図解的に理解すれば上手くなるか?

肺と横隔膜の図「腹式呼吸では肺が主に下に広がります。肺の底に横たわる横隔膜が降りて胃や腸などの内蔵を外に押し出すので、お腹がふくらみます」という説明を初めて聞く人は、なるほど!と思うかも知れません。メカニズムが分かると安心するような気がしますが、この説明は半端すぎてかえって発声が不自由になります。何故そうなるのかはQ&Aの2.1のページで詳しく解説しています。気になる方はQ&A2.1をご覧下さい。

また「呼吸」と「喉の開き」は密接に影響し合うので、それについて触れているQ&A3.3もぜひご覧下さい。

なんでもお腹、お腹、で済ませない

一般的なボイトレスクールの宣伝画像も、お腹に手をあてた生徒さんの姿が定番。トレーナーのアドバイスも「お腹に吸って、お腹から声出して」が定番です。何でもお腹、お腹で済ませれば、実は教える側としては楽なのです。ほとんどの人は取りあえずお腹に力を入れて息を吐けば、普段より大きな声や高い声が出るからです。しかしそれは使えない声です。

それは近くで聞くとうるさいのに、離れると届かない「そば鳴り」という声です。この声ならアルバイト講師のレッスンでも簡単に出るでしょう。しかし、腹筋で支えた声は緊張が多すぎるため、人が聴いて心地良い音にはなりません。心地良い声でないと音楽が成り立ちませんし、自分でも快適に歌うのが難しいと感じるでしょう。役者の声も「そば鳴り」だと苦労する事になります。近くでうるさいとドラマの空気を乱し、離れて届かないと観客に聴こえません。

声帯とのコンビネーション

声量を出すために強く息を吐くと、声帯は反応できずに固まってしまいます。しかしお腹の筋肉で息をコントロールしようとすると、息は強すぎるか弱すぎるかのどちらかに偏ります。どちらの息も声帯は好みません。声帯が好きなのは普通の息です。声量が欲しい時は強く吐くのではなく、ホンの僅か息の量を増やします。少し多めの息を柔らかく吐いてあげると声帯はよろこんで反応します。ただし、声が共鳴(響き)を充分に含んでいる事が前提です。

声帯の反応が悪いと感じたら反応力を育てる事も可能です。無理やり叫んで鳴らしてはいけません。声帯の好きな普通の息で練習してあげれば、声帯はあなたの求めに対して素直に反応し、色々な動きを覚えてくれます。薄く伸び、厚く寄り、優しく閉じ、強く閉じ、やがて全音域を自由に行き来するようになります。

あなたもその練習の中で息の加減を「無意識に」覚えていきます。正しい練習の中で、あなたは良い音を出す事だけに集中します。良い音が出始めたら息の加減などほとんど意識しません。ただ自然に解放して吐くだけです。微妙な調整が必要な部分は自然に任せると上手く行くものです。

演奏者と楽器が一つという変わった形態

声量とか、お腹とか、パワーとか、そういった雑念を一切排除し、心を空っぽにして音楽と向き合い、楽曲と一心同体になれたらどんなに素晴らしいでしょう。そして勿論それは可能なのです。何の準備も必要ないくらい反応の良い楽器へと、あなた自身を研いて行けばよいのです。

・ 楽器の本体部分(声帯)が良い物なら、息の受け方・流れ方が絶妙になります。

・ 楽器の共鳴部分(顔や喉の奥)も良いと、楽に響いてくれます。

・ 楽に響くと、楽に吐けます。楽に吐ければ、演奏者の自分は楽曲の情感に集中できます。

どんなに見事に吸えても、楽に吐けなくては意味がありません。実際、楽に吐けるならどう吸っても80点の声は出せます。少しぐらい肩が上がろうが、胸が動こうが構いません。肺の周囲を囲っている肋骨は鎖骨よりも上まであるって知ってましたか?

ボーカルに限らず、演奏者が無心で演奏に没頭する助けとなるのが名楽器。あなた自身が名楽器であり、そして同時に名演奏者であれば、歌う瞬間あなた自身が楽曲と一心同体になるという考えも、それほど無謀ではないでしょう。声優・俳優の皆さんもこの楽器を使い発声しますから、使い勝手の良い楽器から出された自由な声が無心の演技を生み、戯曲と一心同体になるという考えも無謀ではないでしょう。

お電話無料のフリーコールです。お気軽に問い合わせ下さい。 TEL 0800-500-4158 14:00-22:00【日曜日休校】

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

資料請求もこちらから(無料)

あなたが伸びない理由

一生懸命練習しているのに上達しないと言う不条理に悩んでいる方は、ヒント満載のQ&Aページをご参照下さい。
Q&A 2.1「練習してるのになぜ上手くならないの?」が特にお勧めです。

初心者の方でも安心

ボイトレって抽象的な説明が多くて意味不明だし、本当に効果が有るかも疑わしいですよね。
世の多くのトレーナーにはまだ迷いがあり、だから説明がスッキリとしないのです。
本校講師には「生徒さんが迷路のどこでどう迷っているのか」それがハッキリと見えるので、簡潔な言葉で正しい道案内が出来ます。シンプルで分かりやすいレッスンは、初心者の方でも安心して受けることが出来ます。

無料体験レッスン受付中!

体験レッスンはお電話での申込みとなります。30分のレッスンと、レッスン後に20分程度のフリー質問タイムを用意してございます。一時間程度のお時間を想定して頂き希望の日時をご検討ください。
お電話は無料通話のフリーコールとなっております。本校のお電話受付は月曜日から土曜日の14時〜22時ですが、日によって体験レッスンの受付のみ21時で終了となる場合がございます。恐れ入りますが、体験レッスンのお申込みはなるべく21時前にご連絡下さいますようお願い致します。

PAGETOP
Copyright © Vocal&Voice Clinic SWET DREAMS All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.