本物のボイトレは東京渋谷で22年続く本校にあります

ミックスボイス

  • HOME »
  • ミックスボイス

誰でも高音域は楽に歌いたい。喉を開けて楽に高音を出すテクニックといえば、ミックスボイス(=ミドルボイス、あるいはブレンディングボイス。以下同義)です。

ミックスボイス トレーニング

高音域を楽に歌いこなす歌手が多い事を見れば分かるように、ミックスボイスは欧米で活発にトレーニングされています。

レッスン風景

本校講師スタッフは、1995年の開校以前から欧米のボイストレーニング研究に取り組んでいます。特にミックスボイスのトレーニングは重要な課程として、基本レッスンに組み入れています。

ボイトレではミックスボイスは基本テクニック

ミックスボイスはボーカル必須の基本テクニック。基本的にはこんな感じの声です。

 

ミックスボイスで歌う時の声帯の様子を少し観察してみましょう。後々のイメージトレーニングにも良い影響があると思います。

声帯は、喉仏の中で水平に(前後に)横たわる一対の筋肉です。発声時は左右から合わさるように閉じ、その隙間を肺から吐かれた息が通ることで振動します。

【声帯断面を正面から見る

声帯の断面図を正面から見る

実は、声帯の振動だけでは輪ゴムを弾いた程度の音量しかありません。胸や頭蓋等の空間に共鳴することで初めて声として認識される音になります。

比較的上質なボイトレを行うボイトレ教室やボーカルスクールは、共鳴の練習を重視します。

ミックスボイスが続かない?

お腹の力で高音を出すのが正しいと思い込んでいる人の多くは、その声がミックスボイスだと思い込んでいるようです。

そのため多くの人が「ミックスボイスは疲れる」「ミックスボイスは続かない」と悩んでいます。

その声はミックスボイスではありません。お腹に力を入れてはいけません。本物のミックスボイスは力で出す声ではありません。

疲れて高音が続かない人は、今の発声を変えないと声帯を傷める可能性があります。きちんと基本からトレーニングし、喉に負担を掛けない本物のミックスボイスを覚える事をおすすめします。

【声帯が高音(ミックスボイス)を出す様子】

ミックスボイス時の声帯を上から見てみましょう(比較して理解しやすいよう、他の発声時の状態も記しました)。

地声で歌う時の声帯は、全長の長さで振動します。一方、ミックスボイスやヘッドボイスに見られる一部分だけが振動する声帯は、振動部分が短いため、高い周波数(高い声)が楽に出ます。

 

声帯の振動パターン

(図の上=本人にとっての前、図の下=後ろ)

ギター演奏に例えれば、地声は解放弦(どこも押さえない)を弾いた時の音です。弦の途中を押さえて弾くと、振動する距離が短くなるので高い音が出ます。バイオリンも原理は一緒です。

ミックスボイスやヘッドボイスで声帯を短く使うこのテクニックをショートニングと呼びます。安定した高音発声には不可欠です。

このテクニックを知らないと、多くの人はお腹から強く息を吐いて高音を出してしまいます。それは怒鳴り声です。ミックスボイスではありません。

ミックスボイスは怒鳴らない

ミックスボイスはパワフルな声です。

しかし声量はコントロール出来ます。

ミックスボイスの発声メカニズムは随分知れ渡りましたが、まだまだ簡単に出せる声ではありません。

テレビに出たり本を書いているトレーナーの多くが、ミックスボイス理論について長々と語った後に実演してみると(信じられないことに)ミックスのかけらもない怒鳴り声を出しています。

地声からミックスボイスへの喚声点

世界中どこの国でも、地声からミックスボイスへの切り替えは歌の重要ポイントです。各国それぞれに、この切り替えを指す固有名詞があります。

一般的にはブリッジと呼びます。日本では喚声点と呼ぶ場合もあります。

喚声点の音の高さは、一般的な男声でミドルCの上のE♭辺り、女声でその上のB♭辺りと言われています。

下図の鍵盤の緑色のマークが喚声点。そこから上がミックスボイスです。オレンジ色のマークから上はヘッドボイスの声域です。影のある鍵盤はピアノのミドルCです(ギターなら2弦の1フレット)。

テノールの音域とブリッジ

 

ソプラノの音域とブリッジ

 

男声でも女声でも低めの音域を持った人がいて、彼等のブリッジは少し低いです。

バリトンとアルトのブリッジ

 

ブリッジで急に声質が変わるわけではありません。地声はブリッジに向けてだんだんと伸びやかに軽くなるようトレーニングし、滑らかにミックスボイスに移行すべきです。

地声の高い音で失敗するパターン

多くの人は低い声の出し方のまま高音まで行こうとするので、ブリッジに着く前にもう喉が苦しくなり、声を張り上げています。地声の音域で特に注意すべきは、ブリッジ近くの3、4個の高音を緊張せず普通の声量を保つ事です。

女性は張り上げる傾向が男性よりは少ないのですが、ウラ声が混じって軽くなり過ぎる傾向が見られます。

こうしたブリッジ近くの地声の絶妙なコントロールは、ミックスボイスにつながる重要なカギです。この音域は特に、喉仏の位置や顔のインナーマッスルに影響を受けます。喉仏やインナーマッスルを安定させ、ミックスボイスを出し易くするトレーニングの一つとしてお勧めしたいのがリップロールです。

リップロールの正しいトレーニング方法

あちこちのボイトレ教室やスクールで実践され、今や多くの人が知るリップロール・トレーニングですが、正しいやり方はあまり知られていません。漠然と練習しても効果はありません。正しい知識を持つトレーナーのもとでトレーニングすると本当に劇的な効果があります。

【リップロールのデモ音声】

 

よろしければミックスボイスの出し方を知る5つのヒントのページのQ&Aも併せてご覧下さい。

通話無料のフリーコールです。お気軽に問い合わせ下さい。 TEL 0800-500-4158 14:00-22:00【日曜日休校】

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
秋のキャンペーン
無料パンフを請求
メールでおい問合わせ

本校からのお知らせ

本格的なのにリーズナブルな理由

広告や設備に経費をかけて月謝を高騰させるよりも 他校のボイストレーニングでは結果が出ずに、本校の門を叩く多くの方が「今までどんなに頑張っても出なかった声がスムースに出た」と驚かれます。本校が他校と最もちがう点は、何よりも …

本校をご利用頂いたプロの方達

2017年春のホームページ更新に際しまして、いまだ細部の改定が継続中なためいくつかのページのではキチンとした更新が出来ておりません。ご迷惑をかけ、申し訳ありません。そのような中、本校のボイストレーニング・レッスンをご利用 …

個人レッスンの録音はオーケイ

長い年月をかけて築き上げて参りました、本校の知識やレッスン方法、ヒントなどが外部に流出する可能性があるという事から、以前はレッスンの録音をご遠慮いただいておりました。しかし、レッスンの中で大きなヒントをつかんだ瞬間や、突 …

関西出張レッスンに関するお知らせ

2017年2月現在、講師多忙につき関西方面への出張レッスンの目処が立っておりません。関西・東海方面の方々には大変申し訳ありませんが、引き続きスケジュール調整に努めてまいりますので、どうかご了承下さい。 スケジュールの調整 …

PAGETOP
Copyright © Vocal&Voice Clinic SWET DREAMS All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.