東京渋谷で23年続くボイトレ教室

Q 1.2 どの高さからミックスボイスに入れば良いですか?

自然に切り替わるのが一番ですが、やはりある程度は目安がないと不安ですよね。

地声とミックスボイスの切り替え

一般的には、ミックスボイスの入り目は、平均的な男声でピアノ鍵盤の中央付近にあるミドルCの上のE♭辺り、平均的な女声でその上のB♭辺りと言われています。

地声からミックスボイスへの切り替えは、世界的に見ても歌唱の最も重要なポイントであり、各国それぞれに呼び名があります。最も一般的な呼び方はブリッジで、日本では喚声点と呼ぶ事もあります。

どの国の民族の声帯も、地声からミックスボイスへの切り替えを難易度の高いテクニックと感じています。この音域は特に練習を積んで身に付けるべきテクニックなのです。

次の鍵盤図でブリッジの位置を確認して下さい。緑色のマークがそれです。

一般男性テノールのブリッジ

テノールの音域とブリッジ

オレンジ色のマークもブリッジです(セカンド・ブリッジ)。この第二のブリッジはミックスボイスからヘッドボイスへの橋渡しです。地声からミックスボイスほど顕著な声の変化はありません。影のある鍵盤はビアノの鍵穴近くの中央C(C4)です。ギターで言えば2弦の1フレットです。

一般女性ソプラノのブリッジ

ソプラノの音域とブリッジ

 

男声でも女声でも、声帯の大きさには微妙な個人差があります。やや大きめな声帯の持ち主は傾向として低めの音域を持ちます。彼等の喚声点は少し低いです。

バリトンとアルトのブリッジ

 

Q1.1 裏声からミックスボイスを練習するには?でも触れていますが、地声の低い音域から音階を上がる時、喚声点に届くまでただボーっと過ごすのでなく、地声としてしっかり発声しながらも少しずつ「伸びやかに・軽やか」にしていくのが理想です。

地声で高い音を出す方法

喚声点までは、高い声ほど軽くなり続けます。

軽くなる事を恐れないで下さい。通常、声が軽いとパワー不足に聞こえますが、あなたの声の響きが充分に深いと、軽くなる事でエネルギーを失う事はありません。エネルギーを持ち続けて(もちろん張り上げる事はせずに)ブリッジを通過すればミックスボイスにつながります。

出来ましたら喚声点の手前3つ目くらいから、音のサイズを小さくまとめるように発声して見て下さい。響きが浅いと無理な作業です。豊かな、深い響きを持つ事が前提です。

リップロールミックスボイスのページに詳しい手順を解説してあります)を上手に練習すると深い響きが得られます。

ミックスボイスについてもっと知りたい方もミックスボイスのページを併せてご覧下さい。

ボイトレ相談室

通話無料のフリーコールです。お気軽に問い合わせ下さい。 TEL 0800-500-4158 14:00-22:00【日曜日休校】

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
無料パンフを請求
メールでおい問合わせ

ボイトレ相談室

本校からのお知らせ

本格的なのにリーズナブルな理由

学校とはただの入れ物。良い先生がいれば良いスクールです。良い校舎や設備があっても、良い先生がいなければ意味がありません。世界最高のボイストレーナーの多くは自宅でレッスンをしています。 広告や設備に経費をかけて月謝を高騰さ …

本校をご利用頂いたプロの方達

2017.春のホームページ更新に際しまして、いまだ細部の改定が継続中なためいくつかのページのではキチンとした更新が出来ておりません。ご迷惑をかけ、申し訳ありません。そのような中SweetDreamsのボイストレーニング・ …

個人レッスンの録音はオーケー

個人レッスンに限り録音をオーケーにしました。是非レッスンを録音し復習アイテムにご活用下さい。

関西出張に関するお知らせ

2017.2月現在、東京において講師多忙につき関西方面への出張の目処が立っておりません。関西・東海方面の方々には大変申し訳ありませんが、引き続きスケジュール調整に努めてまいりますので、どうかご了承下さい。 スケジュールの …

PAGETOP
Copyright © Vocal&Voice Clinic SWET DREAMS All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.