本格ボイストレーニングでミックスボイスも自在に

Q 1.4 ミックスボイスにヘッドボイス・・・声の種類がよく分かりません

主要な発声パターン四種類

では次の四種類の声について説明しましょう。他にもボーカルフライ、ホイッスルボイスなど、変則的な発声がありますが、使う頻度はごくまれなので省略します。

地声・・・・・・・・声帯はタイトに閉じる。話す時の声と基本的に同じ。

ミックスボイス・・・地声とウラ声の中間の声。ミドルボイスとも呼ばれる。

ヘッドボイス・・・・いわゆるウラ声だがシャープな質感。声帯はタイトに閉じる。

ファルセット・・・・これもウラ声だがピントは甘く優しい声。声帯の閉じ方はゆるめ。

これらの声質を分けているのは主にレンジ(声帯が振動する部分の長さ)です。

ショートニング(声帯の削減)

下の声帯図をご覧下さい。地声では前後に伸びた声帯の全長が振動し、ミックスボイスでは約3分の1だけが振動、ヘッドボイスではホンの一部の隙間だけに空気が通り振動します。振動部が短い方が楽に高音を歌えます。

振動しない部分は完全に閉じて空気を通しません。この動きは「ショートニング」あるいは「声帯の削減」と呼ばれています。

【声帯を上から見る(上=本人にとっての前、下=後ろ)】

声の出し方で変わる声帯の振動パターン

一般的な声帯図や写真は医学資料からの引用が多く、声帯の向きがドクター目線で記されています(患者と向き合う形)。ここでは図を見た本人が自分の声帯としてイメージしやすいよう、図の上が声帯の前(喉ぼとけ側)、図の下が後ろ(背中側)となるよう表記しました。声帯は基本的に後ろで閉じ開きします。水平方向から声帯を見たい方はミックスボイスとはで断面図を参照下さい。

ヘッドボイスとファルセット

ファルセットの振動レンジは地声と同じく全長ですが、隙間が広い事と、薄く合わさる事で振動を軽くして高音を出しています。閉じ加減がゆるいのでフワリとした甘めな声になります。

ヘッドボイスが高音を出す方法はファルセットとは全然違います。

ヘッドボイスは振動レンジを短かくして音を高くします。なので声帯をタイトに閉じても高音が出せます。地声と同じ強さで声帯を閉じて発声できるので、声質や強さが地声に似ているのです。

リラックスした喉で強く歌う高音

ヘッドボイスやミックスボイスに見られるショートニングは、ボーカルの最も重要なテクニックです。しっかり閉じた声帯で高い声を出すため、強くタイトに高音域を歌えます(もちろん怒鳴り声ではない)。

喉がリラックスしたまま高音域を強く歌える声は多くの歌手が望む宝物です。

喉に負担をかけずに、高音域に強い声を持つ事は感情の解放をも促進するので、ミックスボイスの獲得は声優・俳優の方にもお勧めします。強い感情表現には高音域の声が伴うものです。

ボイトレ相談室

通話無料のフリーコールです。お気軽に問い合わせ下さい。 TEL 0800-500-4158 14:00-22:00【日曜日休校】

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
2017秋のキャンペーン
無料パンフを請求
メールでおい問合わせ

ボイトレ相談室

本校からのお知らせ

本格的なのにリーズナブルな理由

広告や設備に経費をかけて月謝を高騰させるよりも 他校のボイストレーニングでは結果が出ずに、本校の門を叩く多くの方が「今までどんなに頑張っても出なかった声がスムースに出た」と驚かれます。本校が他校と最もちがう点は、何よりも …

本校をご利用頂いたプロの方達

2017年春のホームページ更新に際しまして、いまだ細部の改定が継続中なためいくつかのページのではキチンとした更新が出来ておりません。ご迷惑をかけ、申し訳ありません。そのような中、本校のボイストレーニング・レッスンをご利用 …

個人レッスンの録音はオーケイ

長い年月をかけて築き上げて参りました、本校の知識やレッスン方法、ヒントなどが外部に流出する可能性があるという事から、以前はレッスンの録音をご遠慮いただいておりました。しかし、レッスンの中で大きなヒントをつかんだ瞬間や、突 …

関西出張レッスンに関するお知らせ

2017年2月現在、講師多忙につき関西方面への出張レッスンの目処が立っておりません。関西・東海方面の方々には大変申し訳ありませんが、引き続きスケジュール調整に努めてまいりますので、どうかご了承下さい。 スケジュールの調整 …

PAGETOP
Copyright © Vocal&Voice Clinic SWET DREAMS All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.