本格的ボイストレーニングで高音もミックスボイスで楽に歌える!

Q 2.02 太い高音を出したいのですがどうしても細くなってしまいます

実は高音域の声は細くて正解であり、細くなるべきです。太い高音のように聴こえる一流歌手の声は、細く出された声ですが、充分な深さと素晴らしい情熱を持って歌われることであなたを包み込み圧倒するのです。

高音を細く歌うと頼りなく感じますか?それは響きが浅いからです。響きが深ければ、細い高音は強く安定し、聴感上は太く聴こえます。耳の勘違いを誘うウラ技ではありません。これが発声の王道テクニックです。高音の響きが顕著に深いのは、国内外を問わず一流歌手に共通する特徴です。一流歌手のハイトーンは迫力満点のキラキラ声なので、かなり注意して聴かないと実際には細いのだという事実に気が付きません。

普段の会話も含め、大多数の人が最も多く使うであろう地声。使い慣れた地声の音域では「深い事」と「太い事」が非常に似ているため、これらをほぼ同義語のように感じている人が多いと思います。

ですから、一流歌手の高音をパッと聴いた印象のまま真似して歌うと、まず普通は太く歌ってしまいます。そうするとまず喉で張り上げる事になるため、思うように音域は伸びまないし、喉は痛くなるし、フラットするし良い事はありません。

質問者の方は、多分ミックスボイスで歌われるような音域についてお話されていると思いますが、ミックスボイスのコツもそうなのです。地声と同じ太さの声で高音に挑戦すれば、あなたの声帯はミックスボイスを拒否します。深い響きで細い声を出せば力強い高音(ミックスボイス)が出ます。声のパワーダウンに気を付けて下さい。発声の基本技術が足りないと、細い声はすべて非力になります。

一流歌手のゴージャスな音域も表現も、全て基本技術が土台です。彼等のように歌いたい方は基本技術を学んで下さい。地道ですがこれこそ最短の近道です。失敗は成功の母とよく言われますが、強引な挑戦で失敗を重ねても声帯は強化されません。傷みと疲労を蓄積するだけです。

深い響きは一筋縄では行きません。自己流でも声を深くは出来ますが、ただ暗く、こもっただけの声になりがちです。暗いだけの声は何もメリットがありません。高音発声をより詳しく理解するために、よろしければ本当のミックスボイスのページもご覧下さい。

ボイトレ相談室

お電話無料のフリーコールです。お気軽に問い合わせ下さい。 TEL 0800-500-4158 14:00-22:00【日曜日休校】

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

資料請求は下のボタンから

ボイトレ相談室

無料体験レッスン受付中!

体験レッスンはお電話での申込みとなります。30分のレッスンと、レッスン後に20分程度のフリー質問タイムを用意してございます。一時間程度のお時間を想定して頂き希望の日時をご検討ください。
お電話は無料通話のフリーコールとなっております。本校のお電話受付は月曜日から土曜日の14時〜22時ですが、日によって体験レッスンの受付のみ21時で終了となる場合がございます。恐れ入りますが、体験レッスンのお申込みはなるべく21時前にご連絡下さいますようお願い致します。

本校からのお知らせ

本格的なのにリーズナブルな理由

広告や設備に経費をかけて月謝を高騰させるよりも・・・ 他校のボイストレーニングでは結果が出ずに、本校の門を叩く多くの方が「今までどんなに頑張っても出なかった声がスムースに出た」と驚かれます。本校が他校と最もちがう点は、何 …

本校をご利用頂いたプロの方達

2017年春のホームページ更新に際しまして、いまだ細部の改定が継続中なためいくつかのページのではキチンとした更新が出来ておりません。ご迷惑をかけ、申し訳ありません。そのような中、本校のボイストレーニング・レッスンをご利用 …

個人レッスンの録音はオーケイ

長い年月をかけて築き上げて参りました、本校の知識やレッスン方法、ヒントなどが外部に流出する可能性があるという事から、以前はレッスンの録音をご遠慮いただいておりました。しかし、レッスンの中で大きなヒントをつかんだ瞬間や、突 …

関西出張レッスンに関するお知らせ

2017年2月現在、講師多忙につき関西方面への出張レッスンの目処が立っておりません。関西・東海方面の方々には大変申し訳ありませんが、引き続きスケジュール調整に努めてまいりますので、どうかご了承下さい。 スケジュールの調整 …

PAGETOP
Copyright © Vocal&Voice Clinic SWET DREAMS All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.