本格的ボイストレーニングで高音もミックスボイスで楽に歌える!

Q 2.03 歌っていて息が続かないのです。どうすれば良いですか?

歌っていて息が続かない人に対する、一般的なアドバイスは次の3つです。

「呼吸量が足りないのです。いっぱい吸いなさい」

「腹式呼吸で吸いなさい」

「息を引き止めて少しずつ吐けば長く持ちます」

こうした答えで救われる事はまずありません。逆に解決よりも混乱を深める原因となる事の方が多いでしょう。

ロボットのイラスト特に三番目の答えは非常識です。実践すべきではありません。息を保持した結果、発声時間が伸びたとしても、それと引き換えにもっと大事なものを失います。息を止めた(ような)発声では声は硬質化し、艶もなくなり、何の表現も表情も乗らないロボットの様な発声になるでしょう。

ではどうしたら良いのか。問題は声帯が快適に合わさらないという事なのです。

多くの場合、閉じた声帯の隙間から息が無駄にもれる事で発声時間が短くなります。これに対処する練習は色々ありますが、まずあなたの声が深く響く言葉や音域を見つけそこで練習をして下さい。あなたには少し深さが必要なのです。響きの浅い発声をしていると、声帯はサボり癖がついて運動不足になります。まずは楽に調整できる範囲で声を深くし、声帯に運動をさせてあげましょう。

深く響かせる練習は喉の空間を広げます。一般的に、喉の空間が広いと声帯は閉じにくいため、最初は息のもれが増長するかも知れません。ですから声の状態をよく観察し、練習で使う母音や発声する音域は厳選する必要があります。やたら何でも深く発声すれば解決するほど簡単な問題ではありません。

空間を広げる練習と並行して、声帯の筋力を高める練習を、順次組み合わせていくのが効率的だと考えられます。両方の練習が上手く進めば、息は引き止めるより積極的に吐く方が発声は楽になり、持続時間も長く伸びるはずです。

正しい呼吸法を覚える事も助けになるでしょう。腹式呼吸ではなく、腹式を含んだ全身の呼吸がベストです。呼吸法は本校に優良なレシピがありますが、文章と図だけでは伝え切れませんのでここでは説明を控えます。本当の腹式呼吸のページは少し参考になるかも知れません。

 

ボイトレ相談室

お電話無料のフリーコールです。お気軽に問い合わせ下さい。 TEL 0800-500-4158 14:00-22:00【日曜日休校】

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

資料請求は下のボタンから

ボイトレ相談室

無料体験レッスン受付中!

体験レッスンはお電話での申込みとなります。30分のレッスンと、レッスン後に20分程度のフリー質問タイムを用意してございます。一時間程度のお時間を想定して頂き希望の日時をご検討ください。
お電話は無料通話のフリーコールとなっております。本校のお電話受付は月曜日から土曜日の14時〜22時ですが、日によって体験レッスンの受付のみ21時で終了となる場合がございます。恐れ入りますが、体験レッスンのお申込みはなるべく21時前にご連絡下さいますようお願い致します。

本校からのお知らせ

本格的なのにリーズナブルな理由

広告や設備に経費をかけて月謝を高騰させるよりも・・・ 他校のボイストレーニングでは結果が出ずに、本校の門を叩く多くの方が「今までどんなに頑張っても出なかった声がスムースに出た」と驚かれます。本校が他校と最もちがう点は、何 …

本校をご利用頂いたプロの方達

2017年春のホームページ更新に際しまして、いまだ細部の改定が継続中なためいくつかのページのではキチンとした更新が出来ておりません。ご迷惑をかけ、申し訳ありません。そのような中、本校のボイストレーニング・レッスンをご利用 …

個人レッスンの録音はオーケイ

長い年月をかけて築き上げて参りました、本校の知識やレッスン方法、ヒントなどが外部に流出する可能性があるという事から、以前はレッスンの録音をご遠慮いただいておりました。しかし、レッスンの中で大きなヒントをつかんだ瞬間や、突 …

関西出張レッスンに関するお知らせ

2017年2月現在、講師多忙につき関西方面への出張レッスンの目処が立っておりません。関西・東海方面の方々には大変申し訳ありませんが、引き続きスケジュール調整に努めてまいりますので、どうかご了承下さい。 スケジュールの調整 …

PAGETOP
Copyright © Vocal&Voice Clinic SWET DREAMS All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.