本格ボイストレーニングでミックスボイスも自在に

声優・俳優・アナウンサーのためのボイトレ

  • HOME »
  • 声優・俳優・アナウンサーのためのボイトレ

会話発声のボイストレーニング

演劇の練習風景発声の基本から正しくボイストレーニングする事で声優・俳優の声と表現力は大きく発展します。アナウンサー、ナレーター、日常会話の声を発展させたい皆さんも確実に大きく発展します。

劇団や養成所の練習は体力作りを優先させる傾向があり、声優・俳優志望者の多くも、発声を身体で支える意識が強いようです。「声が緊張する」「喉が疲れやすい」という人は、身体の支えが強すぎる可能性が大です。

「もっとお腹から声が出ないのか!」と言われ腹筋を固めると声帯も固まるので、かえって声が出なくなるか、緊張した大声になります。喉に当たる息が強すぎると声帯が自由に運動できないのです。声帯はまず順応性が定着してから、耐久性が備わります。あなたは(あなたの先生は)順応性を無視して耐久性だけを見ていませんか?

固めた息、固めた声帯では、五十音も発音も滑舌も何を題材に発声しても、まったく練習にはなりません。無駄に喉を疲労させるだけです。

ダイナミックな表現

正常な状態にあれば、声帯は薄く伸びたり閉じる強さを変えたり、自在に動きます。これらの運動によって、声の高い低い、音圧の強い弱い、さらには声の伸び・通り・艶までを自由に表現します。声帯の自由を奪うのは声の表現力を放棄するようなものです。

正しいボイストレーニングを続けていると、自然と声帯が受け取りやすい息の加減になります。声帯もよろこんで多様な動きを覚え、徐々に強い息も受け取るようになります。

母音作りの拠点

滑舌の基本となる母音も、本来は楽にコントロールされるものです。喉や口は緊張から解放されるべきです。少し難しいですが目の奥で母音をコントロールすると、喉と口は母音作りの負担から解放されます。口が解放され、動きに無理がなくなれば言葉もスイスイ流れ出ます。

口や喉の疲れは、筋トレにもならない無駄な疲れです。

声が発達するまでは、繊細な作業の積み重ねです。ホンの少し方向を誤ればそれまでの努力が水の泡になります。正しいボイトレで、正しい筋肉を使い、正しい疲れ方をして下さい。それを数ヶ月続ければすごい変化が起きます。

【声優俳優のセリフ表現4大要素】

 ・ 音域の高い/低い

 ・ 声量の大きい/小さい

 ・ 声色の明るい/暗い

 ・ リズムの緩急

かつて声優の第一人者として活躍された、今は亡き野沢那智さんのセリフを聴くと、これら全ての要素が最大級のダイナミックな演技なのに自然な表現として耳に入って来ます。これは発声にまったく無理が無いためです。

無理なくダイナミックになれるのは余裕があるからです。発声(声を出す事)、発音(言葉を発する事)、この2つの能力が並外れて高いと、何を表現しても常に余裕が生まれるのです。野沢さんは特別な人かも知れませんが、いま発展途上にある志望者もこの2つの基本能力をトレーニングすれば表現が格段に進歩します。

声を制する者が表現を制する

感情とはもちろん心の動きですが、筋肉にも動きが起きます。表情筋も動き、声帯の筋肉も動き、体内では呼吸筋などあらゆる筋肉が動きます。実は、発声発音で使われる筋肉群が正しく動くと、感情によって動く筋肉群と非常に近い組合わせになります。正しい筋肉の動きで発声を重ねる事が、声優・俳優の行うべきボイトレです。

発声と発音を伸ばす

発声を伸ばすには「ピント」と「響き」のバランスを取る事。通常、ピントが強いと響きは浅くなり、響きを深区するとピントがぼやけます。これらの要素は反発し合いますが、練習によって双方が一定以上の強さで共存する事が可能になります。顏のインナーマッスルがピントを、喉や頭蓋内の空間が響きをサポートしてくれます。

発音を伸ばすには、声が響く場所で母音の形成に慣れる事。完全な母音を意識すると口や喉が緊張する人の多くは、声の響く場所を見失い、迷子状態にいます。リラックスして母音をコントロール出来るよう、喉や頭蓋内部を適切に拡げ「響き」を見付けることです。母音が緊張なく発音されれば、子音の動きも軽快になります。言葉を扱う自由度も上がります。

自由な表現を支えるのに必要な資質

発声のためにやる事。発音のためにやる事。数限りない練習メニューが存在します。その人の個性や伸ばすべき資質などによってボイトレメニューの組合わせは無限です。ベテラン講師が生徒さん一人ひとりの声に合わせて個別に調整します。

エネルギー・コントロール

大多数の人は「大きな声は強い息」「小さな声は弱い息」という固定観念に縛られています。これは認識を見直して下さい。

強い息で大声を出すと、喉は痛くなり声帯を傷める危険もあります。弱い息で小さな声を出すと、エネルギー不足の「通らない声」になります。

特にあなたが舞台俳優なら、小さな声=通らない声であるのは好ましい状態と言えません。

「強い息」ではなく「多い息」で大きな声を出す。「弱い息」ではなく「強い息」で小さな声を出す。表現のバリエーションに、このエネルギー・コントロールを加えて下さい。

呼吸法、母音の共鳴、声帯の筋力、これらは互いに協調し影響を与え合っています。これら全部を自身の感覚で管理するのはなかなか大変な事です。第三者のアドバイスが必要だと感じましたら、遠慮なく無料体験レッスンにおいで下さい。

声優・俳優ボイストレーニングの鍵となる4つのQ&Aも見てみる

通話無料のフリーコールです。お気軽に問い合わせ下さい。 TEL 0800-500-4158 14:00-22:00【日曜日休校】

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
2017秋のキャンペーン
無料パンフを請求
メールでおい問合わせ

本校からのお知らせ

本格的なのにリーズナブルな理由

広告や設備に経費をかけて月謝を高騰させるよりも 他校のボイストレーニングでは結果が出ずに、本校の門を叩く多くの方が「今までどんなに頑張っても出なかった声がスムースに出た」と驚かれます。本校が他校と最もちがう点は、何よりも …

本校をご利用頂いたプロの方達

2017年春のホームページ更新に際しまして、いまだ細部の改定が継続中なためいくつかのページのではキチンとした更新が出来ておりません。ご迷惑をかけ、申し訳ありません。そのような中、本校のボイストレーニング・レッスンをご利用 …

個人レッスンの録音はオーケイ

長い年月をかけて築き上げて参りました、本校の知識やレッスン方法、ヒントなどが外部に流出する可能性があるという事から、以前はレッスンの録音をご遠慮いただいておりました。しかし、レッスンの中で大きなヒントをつかんだ瞬間や、突 …

関西出張レッスンに関するお知らせ

2017年2月現在、講師多忙につき関西方面への出張レッスンの目処が立っておりません。関西・東海方面の方々には大変申し訳ありませんが、引き続きスケジュール調整に努めてまいりますので、どうかご了承下さい。 スケジュールの調整 …

PAGETOP
Copyright © Vocal&Voice Clinic SWET DREAMS All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.